May 21, 2016

5/19 江戸の粋「東をどり」を鑑賞して

歌舞伎座の近くに位置する新橋演舞場。

ここは、新橋芸者の技芸向上の発表の場としてつくられた場所です。

今年で92回目を迎えた「東をどり」。

毎年趣向を凝らした舞台で、

日舞も三流派(花柳、西川、尾上)がともに盛り上げています。

5月19日に参りましたので、ご一緒した皆様のご感想をご紹介させていただきます。

*******

・新橋演舞場での芸者さんによる東をどり、

優雅で水が流れるような立ち居振る舞い日本文化の神髄に触れた印象を受けました。

日本の伝統芸術の良さを改めて感じました。

・日々慌ただしく過ごしていますが、優雅なひとときをありがとうございました。

宮本先生とご一緒できましたこと、大変嬉しかったです*\(^o^)/*

真下さん東をどり1

お茶席での一コマ

真下さん東をどり2

(写真提供:真下吉弘さん)

詳しくはこちらをご覧くださいませ。

http://derivejapan.com/blog/azuma-odori/

P1170712

Posted in | Comments Closed 

 

May 17, 2016

5/14和のたしな美フェアのご感想

【5/14 和のたしな美フェアを終えて】

「着物」から考える和のたしな美。

古くてもったいない帯や着物のリメイク、

足元から考える健康と美、そして安らぎの茶話会。

和のたしな美庵で初めての催しを行いました。

作品をご提供くださった先生方より

・美味しい茶話会、素敵な品々、神さまカードからのメッセージ、充実した楽しいひとときでした。

ありがとうございました。

・今日はとても楽しい会でした。ありがとうございました。

またよろしくお願いいたします。

ご参加くださった皆様より

・先日は、ありがとうございました(^^)

素敵なお家に和の小物たち、季依さんに癒されました。イベントに参加して、本当によかったです。

そして、美味しいお菓子とお茶やお料理でおもてなしをしていただき、ありがとうございました。

とても美味しかったです。居心地がよかったので、長居をしてしまいした(^^;)

・ご一緒した皆さん、ありがとうございました!たくさんの作品に触れることができ、目の保養になりました。

「和のたしな美庵」に入るといつも気持ちが引き締まります。都内にこんな素敵な場所があることを、

もっと多くの人に知ってもらいたいです。

先日リメイク講座でお世話になった中山先生の作品や田中京子さんの刺繍の帯留、仁後圭音子さんの

帯を使ったバッグ、足指健康講座で使われている草履など、たくさんの作品をゆっくりと

見せていただきました♪ 楽しかったです。

今日は中山先生の椿の形をしたリングホルダーをお持ち帰りさせていただきました。

短い時間でしたが、お邪魔しました。色々お勉強になりました。

・すてきなご縁をありがとうございました!!

神聖な雰囲気と和の小物たちに癒され、背筋がシャンとしました。

・Maiko Watanabeさんからこんな記事をブログに掲載していただきました。

こちらもご覧くださいませ。→ http://jyoseiryoku.com/?p=717


ご参加できなかった方々から

和のたしな美フェア、すてきな作品が、たくさんですね~♪ お楽しみになれて良かったですね。

・ステキですね❗ 近隣ならお伺いさせて頂きたいのですが、みているだけで楽しくなって、

なんだかほっといたします。

*******

当日の模様はこちらです。どうぞ〜〜。

http://derivejapan.com/blog/fair/

P1170655P1170662

Posted in | Comments Closed 

 

May 11, 2016

帯のリフォームを楽しむ

帯のリフォームを楽しむ会も4回目を迎えました。

4回もの帯のリメイク講座にご参加されました原田康子さん。

原田さんは、4回目でまた新たなことに挑戦され、

少しずつ楽しみも増してこられたご様子です。

*******

先日、和のたしな美塾を主宰されている宮本 季依さんのところで
中山先生に習いながら着物の帯を使って
姿見カバーや文庫本カバーを作ってきました。

今回は、
千鳥縫いに初挑戦
(言葉も知らなくて、聞いた時にぽかんとしてしまいました(笑))

文庫本と名古屋帯のサイズが
ぴったりだったり

帯は色んなリメイクの幅があるなと
勉強になりました。

物や人、
想いを大切にするというところも
贈り物と共通点があるなと思っています。

☆詳細はブログでご紹介されています。
⇒ http://ameblo.jp/venus88record/entry-12159769808.htm

 

*******

3回目では、原田さんからこんな感想をいただきました。

「テーブルランナーのビフォーアフター」

先日アップした宮本 季依さんの和のたしな美庵で開催された
着物の帯で作るテーブルランナー講座。


その後自宅でどのように飾ったかをビフォーアフターで載せてみました。
おかげざまで、
部屋に彩りが増えました


テーブルランナーなのに
テーブルには一切使っていないという(笑)


ただ断捨離中で
テーブルとお別れしたというのも理由です。

飾るだけではないメリットもブログではお伝えしています。

☆詳細はブログで
⇒ 着物の帯のテーブルランナーのビフォーアフター』

2回目はこちらです。
⇒ http://ameblo.jp/venus88record/entry-12109371749.html

1回目はこちらです。

⇒ http://ameblo.jp/venus88record/entry-12095352132.html

*******

“和のたしな美塾”のブログの記事はこちらです。

http://derivejapan.com/blog/reform-4/

http://derivejapan.com/blog/reform-3/

http://derivejapan.com/blog/reform-2/

http://derivejapan.com/blog/reform/

古い着物地を使ってお人形の振袖を作った作品

P1170846

P1170874

Posted in | Comments Closed 

 

Jun 7, 2015

【ご感想】『60歳から最高の仕事に出会うために』〜ロクマルサミット in 月島〜

ロクマルサミットは、仕事でもない、ボランティアでもない、
60歳からの生き方をともに考える会です。

日時:平成27年6月6日(土)午前11:00〜午後4:00
内容:対談「裁判所書記官から和の伝道師へ転身。その訳は?」

“和のたしな美塾”主宰の宮本季依に焦点をあてて、
信用や地位があって上等そうに見える国家公務員なのに、
どうして退職したのか、
裁判所書記官から和の伝道師へ転身した理由などを、
対談形式でお話ししました。

ランチ 月島名物もんじゃ焼き
ランチ後 佃島散策ご案内


ご感想は次のとおりです。

☆「日本人の忘れもの」という宮本さんのリーフレットの中にありますように、
私も日本舞踊の中でそれを表現していきたいと思っています。
同じ思いですね。それぞれ共に活動していきましょう。(Bさん)

☆宮本さんは落ち着いて整理してお話してくださるので、
ご参加の方もとてもわかりやすかったと思います。
当社発行誌『みんなのキッチン(7月号)』に掲載。(有澤さん)

☆もんじゃ焼きランチが大変美味しくて、また来たいと思いました。(Cさん)

*******

『みんなのキッチン(7月号)』記事内容

「60代から最高の仕事に出会うために
裁判所書記官から和の伝道師へ」

20年間にわたり裁判所速記官、その後15年間、裁判所書記官を務めたのち「和のたしな美塾」を
立ち上げた宮本季依さん。日本の文化を世界に発信したいと歩みを進める。

■日舞との出会いが今の仕事につながった
出産後に体調を崩していたときに日舞に出会い、これをきっかけに急速に和の文化に目覚めていく。
「日舞は前からとってもやりたかったことなんです。おかげで元気になり、やがて、日舞をするために働こう、と」。その後は仕事と育児、日舞、さらに放送大学で学ぶという多忙な生活を送ってきた。
退職したのは53歳のとき。「60歳定年は世間が決めたこと。自分では、この仕事では役目が終わったと思った」。その後『江戸の女性が大切にしていた八つの知恵』を著し、これをベースに講座を開く。江戸の庶民文化、女性の生き方など、主に江戸に焦点を当てて発信し、学ぶ中で「日本人の忘れものを今、拾っているような気がします」と語る。一方で「裁判の中では和解という制度がありますが、これは日本だけなんですよ」など宮本さんならではの話も、「和」文化への関心を刺激する。

■江戸の女性たちに学ぶ「これからの楽しみ方」
宮本さんの著書には「江戸女たちは隙間ビジネスで稼ぐ」など現代に通じる話も多く、それらはロクマルサミットの理念にも共通する。「これからのシニア女性は元気で美しく、ある程度のお金でやりくりして楽しんでいける世代」と語る宮本さんの姿は、江戸の女性のしなやかな生き方に通じるものがある。

ロクマルサミット新聞

 


DSC01642

“和のたしな美塾”のリーフレットと著書『江戸の女性が大切にしていた八つの知恵』

佃島散策

11301346_673028192830305_519168446_n
路地にある天台地蔵尊

11355472_673028259496965_1817507755_n
住吉神社の木製の灯籠

11418379_673028239496967_864921480_n

江戸から続く佃煮屋

Posted in | Comments Closed 

 

May 17, 2015

【ご感想】能楽と落語のおもしろ健康講座

日時:平成27年5月16日(土)午後1:00〜5:00
内容:観世流シテ方(梅若)準職分 緑幸会主宰 井上和幸先生の能楽入門講座

能楽入門ビデオ鑑賞、『鶴亀』の一節の体験、日常に活かす能楽の秘密。
落語家橘ノ百圓さん(全日本社会人落語協会会長)の落語二席

     『蛇含草(じゃがんそう)』

 『厩火事(うまやかじ)』    


健康という切り口から、二倍楽しむコラボを企画しました。

終了後、車座になって、
お二人の先生方に、普段は滅多に聞けないようなお話を質問も交えながら、
気軽にお聞きしてみました。

☆講座終了後、もんじゃ焼きで楽しみました。


ご感想は次のとおりです。

☆大変なご企画の実現、様々なご苦労がお有りだったと存じます。
やはり、今まで築き上げていらっしゃった実績あっての事と存じます。
私は、暫くはお能のことで頭がいっぱいになりました。とても素晴らしい体験だったのみならず、将来是非やってみたい事となりました。

今まで余りにも自分と無縁と思っておりました世界を身近に感じさせて下さり、本当に有難うございました。祖母や母に近づけたような気持ちが致しました。
これからも参加させて頂きたいと存じます。
ご案内どうぞよろしくお願いします。(Tさん)

☆分かりやすく貴重なお話を聞くことができ、良かったです。
またの機会を楽しみにしています。
(Mさん)


井上先生ご指導による謡『鶴亀』のお稽古

能楽と落語18

橘ノ百圓さんの落語
Posted in | Comments Closed 

 

Mar 30, 2015

【ご感想】中国琵琶と日本舞踊のコラボレーション

日時:平成27年3月29日(日)午後1:00〜5:00

内容:中国琵琶奏者ホウショウさんと日舞師範宮本季依とのコラボレーション。
「蘇州夜曲」「凛」
長唄『七福神」「荒城の月」ほか。

日舞と中国琵琶のコラボ 2 (1)

 


ご感想は次のとおりです。

☆本日は素晴らしい会でしたね。
とても豊かな時間でした。今後の良い勉強に、刺激になりました。
質の高い、本物志向を求める人がこんなにもいらっしゃる~ということが大きな発見でした。
素晴らしい。
宮本さんの日本舞踊、最高ですね。(Wさん)

☆昨日は素晴らしい会でしたね。
27日にジャズのコンサートをしたのですが、やってみたからこそわかることで、宮本さんの会の洗練されていることに感心しました。
それも、宮本さんのお話と踊りが本物だからですね。
近くで見られて、体の芯のしっかりしていること、動きの美しさに惚れ惚れしました。
これからもっともっと新しい世界が生まれますね。
楽しみでなりません。
これからも、どうぞよろしくお願いします。(Nさん)

☆本当にいい会でした。
宮本さん、素敵でした。
お疲れ様でした。(Sさん)

☆いいイベントができましたね。季依さんの優しさ、真面目さをしっかりと受け止めましたよ。(Yさん)

☆今日は日本舞踊と解説お疲れさまでした中国琵琶とのコラボレーション、見事でした。
おかげさまで新世界にいざなわれ、極上の時間を過ごさせていただきました。(Mさん)

☆中国琵琶と日本舞踊と言う珍しいコラボレーション。
そして日本の琵琶とは全く異なった音色と季依さまの麗しく、
また時に男踊りの勇ましい雰囲気など存分に楽しませて頂きました。
ありがとうございました!(Aさん)

☆日本橋にて、日本舞踊と中国琵琶のコラボレーションを堪能しました。
日本舞踊は宮本季依さんが、琵琶はホウ ショウさんです。
素敵な舞と華麗な調べが織りなす世界です。
「凛」という題名にふさわしく凛とした雰囲気に満ちており日本舞踊の美しい世界が繰り広げられておりました。(Iさん)

☆今日は楽しみにしていたFacebook友達の宮本季依さん主催の「和のたしな美塾」の講座で
「中国琵琶と日本舞踊の夢のコラボレーション」に友達と参加しました。
日本橋高島屋のすぐ近くの、素敵なサロンの中でたっぷりと、2つの異文化のコラボを堪能!
こうやってお互いを理解して仲良くなるのが一番ですね。
中国琵琶の奏者はホウ ショウさん。日本に中国琵琶を広める意志を持って来日してから15年!
東京学芸大修士課程修了で、日本語もペラペラ!アルバイトもしながら苦節何年の努力家です。
宮本さんは、裁判所にお勤めしながら、日本舞踊の師範であり、名取であり、
歌舞伎や日本文化に精通されている素晴らしい方。しかもご覧の通り美人です!
日本舞踊も美しい方が踊ると醸し出す気品がたまりません!
ホウ さんも同じく美人でスタイル抜群で、今日の衣装は桜がビーズでびっしり!
日本橋は桜通りがすぐ裏にあって、最高の午後のひとときを過ごしました。(Mさん)

☆一流の踊りと、素晴らしいトークで魅了されました。(Hさん)

☆先日は、日本舞踊と中国琵琶のコラボを拝見させていただきましたが、
全然違和感を感じずに両者の演奏と踊りを堪能しました。(Mさん)


日本橋・中国琵琶と日舞のコラボ

中国琵琶奏者ホウショウさんと宮本季依(尾上翔)

 

Posted in | Comments Closed 

 

Jul 29, 2014

広報誌smileで「輝く女性」を

広報誌smileの「輝く女性」コーナーに掲載

******

現在の仕事にやる気が持てないとか、生きることに希望を見い出せないという時は、本当の自分を見つけていくことで、自分がこの世に生きている使命感というものが湧いてくるものだと思うのです。
日本人の持つ精神性の高さ、たゆみなく錬磨されてきた伝統的な技術、文化などを学ぶことから日本人としてのDNAが目覚めるという、自分との出会いの体験もできると思います。

椿山荘

稲作を中心にしてきた日本という国、そこから生まれた伝統芸能や風習、自然崇拝など、先人からいろいろなことを学ぶことができます。五感を研ぎ澄まして、そこで自分というものを見つめていくことができます。そして、心穏やかな自分らしさを見い出していければ、みなそれぞれ一人一人の方が輝くような人生をおくれると思います。私は、みんながそうなることを願っています。それが日本を平和にし、世界を平和にすることにもなるからです。

******

朝起きたら、軽く瞑想をします。自分から温かいエネルギーが出て、それが大きく広がって、周りの人を皆包み込むようなイメージをします。夜は、その日にいやなことがあったとしても、感謝の言葉で綴る日記をつけて寝ます。

思考をできるだけポジティブに持つことはよき出会いを引き寄せるようになります。自分を健康に保つためには、精神面もとても大切だと思いますね。

日々電車に乗るときは、運動不足の解消のために、エスカレーターを使わずに階段を使うとか、ジェンヌ式スマイル教室で学んだスマイルを日々実践するようにするとか、栄養のバランスを補うためにアミノ酸バランスの整った食品を採るなどにも、心掛けています。

******

7年後、日本にオリンピックがやってくることが決まり、日本はこれからよりよい飛躍ができる時代へと入っていく予感がします。IOC総会での滝川クリステルさんの“おもてなし”のスピーチはとても感動しました。
元々、おもてなしの心とは、本来、お金をもらってやることではなく、家にお客様をお招きして心から歓待するような、そういう自然体の行為だと思っています。
江戸時代の商家の女将さんも、殊更おもてなしと銘打って行っていたわけではなく、笑顔を大切にして、誰に対してもどこでもお客様に接するような行いをしていたようです。その町の人たちがみんなそうであれば、この町全体、居心地がよいなと感じられると、外からきた人はそう思えると思うのです。
オリンピックまでにそんな東京に、また日本になってほしいと、切に願っています。
ですから、日々お互いに思いやりや助け合いの心を常に持っていきていることそのものが、おもてなしの心を表していくことになると思いますね。

******

女性が輝いて生きることは、家庭にとっても社会にとっても、非常に大切なことです。元々母性のある女性は、大きな愛で包容し、やさしく育てていく力があると思うからです。女性のパワーで平和で穏やかで暮らしやすい世界をつくっていきましょう。
そのためにも、これから、若い世代の女性たちが自分らしく、美しく、素晴らしい未来を築いていけるように、私も微力ながら応援をしていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

7.19天活塾2

『天活塾』での講義

「江戸の女性の自由でぶれない生き方を学ぶ」

Posted in | Comments Closed 

 

Jun 10, 2014

【ご感想】浴衣のたしな美講座

2014.6.8 [浴衣のたしな美]

ご感想は次のとおりです。

1)浴衣のたしな美講座に申込みされたのはどうしてですか。

  • 浴衣を自分で着れるようになりたかったから。
  • メイク、着付、書、所作に興味があったから。
  • “和のたしな美塾”講座の延長線上にこの講座があったので、参加してみたかったから。

2)本日はそれぞれ書、着付、メイクのプロの方の指導でしたが、参加されてのご感想はいかがでしたか。

  • メイク、浴衣、習字、所作などのたしな美のそれぞれの話を聞くことができ、お得な感じがした。
  • 素敵な浴衣を着せていただき、メイクもしていただき、全然違う自分になれた気がして嬉しかった。
  • 書道は小学1、2年生のころに通ったが、退屈だった。
    でも、今日の林先生のお話は面白かった。
  • 着付はYouTubeでも見ることができるが、直接山崎先生からの指導は分かりやすかった。

浴衣のたしな美(2014.6.8)1P1120299

浴衣のたしな美(2014.6.8)38P1120294

Posted in | Comments Closed 

 

Mar 25, 2014

【ご感想】和のたしな美塾講座

“和のたしな美塾”講座にご参加くださった方々のご感想は、こちらです。

第1回 (2014-2-27)

第2回 (2014-3-20)

IMG_0712


第1回(2014-2-27)

水越さん

水越浩幸さん 〜メディカツ主宰〜
参加者の意識も高く、宮本さんのお話もとてもためになり、参加して良かったです。
江戸時代の価値観について、初めて知ることが多く、楽しい時間でした。
ケーキも美味しかったです!
最後の「幸あれ」の締めは素晴らしい!
冊子はぜひ出版してください。

yosimi

岡本好美さん  〜ハワイアンヒーラー〜
日本の文化は興味深いですね。知らないことがいっぱいで、もっと聞きたいと思いました。
私たちが知らない日本の大らかな暮らしぶりをもっと聞きたかったです。
人の生き方のエッセンス、本当の幸せって何だろうと考えさせられました。
第二、第三の冊子を楽しみにしています。

tamami

高橋珠美さん  〜ブランディングデザイナー〜
日本での生活、文化、日常の出来事、暮らし向きを見直し、思い出すきっかけとなりました。
頂いた小冊子は、秀でたエッセイだと思いました。素晴らしいです。

mizuno

水野千代子さん  〜「いざ鎌倉や」ほか主宰〜
田中優子さんや杉浦日向子さんに関心はあったのですが、集約して、
しかもそれ以上に喜恵子さんのご体験やお勉強ぶりが加味されて、とても興味深く、
また身につく内容でした。冊子は、知りたいことがきっちりと書かれていると思いました。
しっかりと繰り返し読み返して、大切に保存していきたいと思っています。

yoko

余湖典美さん  〜女性の美をトータルに考えるグラントイーワンズやドイツデュッセルドルフ輸出入ほか〜
宮本さんの着物、日本舞踊ほか、冊子の内容など、どれも素晴らしい内容でした。
あとは自分が実行できるようにしていきたいです。
この冊子は、これまでの江戸文化や生活、知恵を結集した一冊ですね。
これからのバイブルとさせていただきます。

hayashi

林洋子さん  〜もじクリニック代表〜とても興味深く楽しむことはできました。特に日舞が美しく、また拝見したいです。
冊子は内容がしっかりしているので、これからまた続編が楽しみです。

konomi

赤塚このみさん  〜みんなのチアリーダー「アッカー倶楽部」代表〜
今最も求められていることが日本の和のこころだと思います。
喜恵子さんがされようとしていることを、今日本中にもっと早く広めていくべきだと思います。
冊子は、とってもタイムリーです。今みんなが必要としていることが書かれていて、
素晴らしいと思いました。

nishi

西弘子さん  〜美容矯正サロンNIshi 代表〜何事もすべて人間関係ですので、江戸の気配りや人とのかかわり合いなど勉強になり、
大変興味深く、楽しく過ごすことができました。踊りもとても素敵でした。


第2回(2014-3-20)

IMG_0482

加藤さん

加藤勢津子さん ~40代の女性が自分らしく生きるための心理カウンセラー~
江戸時代や和の話が好きです。日本の女性の生き方や社会のあり方まで、
本日参加された方々とも共有できそうで、嬉しかったです。

櫻本さん1

櫻本ゆかりさん ~フェイシャル&メイクサロンさくら代表~
日本人のDNAは素晴らしいと思っていましたので、それを伝承したいと思っていました。
日本の伝統文化をますます学んでみたくなりました。
素敵な方々と出会えて感謝です。

寿於さん

高橋寿於さん ~屏風や掛軸に絵を描く斬新さを取り入れた日本画家~
Facebookで宮本さんの投稿記事に興味があって、お話を聞いてみたかったです。
本日参加された皆様が同じ和の心や志を持ち、表現方法は違っても方向が同じだということを感じました。

千藤さん

千藤麻乃さん ~マインドブロックインストラクター~
江戸博物館での浮世絵展を見て以来、江戸への興味がわいてきました。
今日のお話を聞いてもっと江戸女性のことを知りたいと思いました。

千葉さん

千葉博正さん ~Facebookマスター講座講師~
大阪の友人が古事記や日本書紀に詳しいので、以前から興味があり、今日は勉強ができてよかったです。
素敵な方々が集まっているので、交流の場としても楽しかったです。
冊子は女性の立場から書かれていますが、日本人として学ぶものがたくさんありました。

このみさん

赤塚このみさん ~みんなのチアリーダー「アッカー倶楽部」代表~
「恕」と「祈」。ゆるす心と祈る心を感じる講座です。江戸の庶民や女性の生き方から学べることが多いです。冊子はお母様のことも交えながら、あくまで喜恵子さんの言葉でつづられていることに好感が持てます。
現状を当たり前と思っている現代人全員に読んでいただきたい冊子を丁寧に作って下さって感謝しています。

水嶋さん

水嶋康男さん ~原子力規制委員会技術参与ほか~
和のこころを少しでも知りたいと思って参加しました。
知らない歴史を教えていただいて、大変参考になりました。

蔵多さん

蔵多のり子さん ~代謝美容・未病サロンマノマッジオ代表~
江戸の女性、和のたしなみに興味がありましたので、本日は貴重な情報をいただき、
ありがとうございました。
参加者の方々も素晴らしい方々ばかりでした。

真下さん

真下吉弘さん ~知的シニアライフをエンジョイされ、自費出版の著書も多数~
宮本さんのコラムの内容がいつも素晴らしいので、会って一度お話を聞いてみたかったです。
想像以上に素晴らしい女性でありました。
冊子には、現代に活かせる知恵が多方面に記述されていて、改めて江戸を見直しました。

hiromi

 中島裕実さん ~Facebookページ「神社ってイイネ!」主催~
各分野でご活躍の皆様のお話が面白かったです。冊子から江戸の庶民の知恵を勉強させていただき、ありがとうございました。

このほかに、長唄『七福神』の話、これはなかなか人に教えてもらうことができないので、とても勉強になりましたというご感想もいただきました。

お集りの方々、みんな素敵ですね~!というお言葉に、私も鼻が高いです。

Posted in | Comments Closed